クリニックの全身脱毛コースはどうして顔やVIOの施術が含まれないことが多いの?

クリニックによる全身脱毛は全身脱毛と全身脱毛+顔脱毛であったり全身脱毛+VIOであったり全身脱毛+顔脱毛+VIO脱毛となっているコースが多く見られます。
顔・VIOを含めたコースをキャンペーン価格としているクリニックも少なく、宣伝材料として使用されるコースも顔・VIOを含まない全身脱毛コースです。
全身脱毛コースに顔・VIOが含まれないのは、クリニックによる医療脱毛の脱毛効果が非常に高いことがポイントとなっています。
医療脱毛は、威力の強いレーザーを毛根にダイレクトに照射することで毛根細胞を破壊する脱毛方法であるため、施術による脱毛効果も非常に高く脱毛効果に満足できるまでの施術回数が約5回〜6回です。
この、5回〜6回という施術回数で脱毛効果に満足できるのは腕や脚といった一般的にムダ毛が気になる毛の部分となっています。
産毛が多い顔脱毛ではメラニン色素に反応して脱毛施術を行うマシンでは反応する為のメラニン色素が低く効果の高い脱毛効果を得ることができません。
蓄熱式の産毛に対応したマシンでの施術でも顔の施術はレーザーの照射出力を上げると肌へのダメージも大きく赤みや腫れ・火傷のリスクも高まるため照射出力を上げられない為脱毛効果も低くなります。
毛が密集している部分であり毛が太く毛根がしっかりしているデリケートゾーンのVIOは毛が濃いことからメラニン色素と強く反応するため高い脱毛効果が得られますが、施術時に感じる痛みが非常に強くなるため、照射出力を抑える必要があるため脱毛効果も低くなる部分です。
デリケートな部分であることから肌へのダメージも大きく感じるところとなっているためレーザーの照射出力には注意が必要となります。
クリニックによる全身脱毛は自由診療であることから1回の施術料金も高額であるため通常の施術範囲より肌へのダメージも大きく施術回数も多く必要となり完了までの期間も長く必要となる顔・VIOの脱毛は含まれないことがほとんどです。
全身脱毛のコースは推奨が5回で、用意されているプランは8回となっていることクリニックが多くみられます。
顔の脱毛は、施術後に顔のほてり・赤み・発疹・腫れなどの肌トラブルを引き起こすリスクも高い部分となっていますのでカウンセリングでしっかりと話し合いをして納得してからの契約がおすすめです。

Copyright © 全身脱毛クリニックの杜【2019年版】 All rights reserved